BCLの時間

韓国からのBCL再開組の一人のラジオ物語。 よく聞いている韓国語や日本語放送の書き込みが主なブログです。

QTH / Seoul, Korea

Receiver / Airspy HF+ (SDR), Drake R8B (TableTop)
SONY ICF-2010,SW100, DEGEN DE1103 (PLL)
XHDATA D-808, CountyComm GP-5/SSB (DSP)

Antenna / ApexRadio 303WA-2 (Whip), FieldAnt MK-5212 (Loop)
SONY AN-LP1,AN-100A (Active), SONY AN-71, SANGEAN ANT60 (Wire)
C.Crane Twin Coil Ferrite Antenna, TECSUN AN-200 (MW)

Recorder / iRiver H320, SONY UX560F

# Chulsu BCL Archives MixCloud
https://www.mixcloud.com/chulsubcl

# Chulsu BCL Archives Youtube
https://www.youtube.com/channel/UC7n0cKFnpImk-BJ3ubibrZQ

# Chulsu BCL Archives Podcast (休止中)
http://pod.ssenhosting.com/rss/bcltimes/archives.xml
https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1097897930

カテゴリ: BCL日記

季節も変わり、既に春ですね。
そろそろ花見に行かれる方々も多いでしょう。
韓国の桜はまだなんですが、お花いっぱいの公園でBCLするのも楽しみだなぁと思っております。

先週よりA17シーズンに入りました。
周波数とか放送時間の変わりもあり、放送規模が拡大されたり、逆に廃止しまう局もありそうですね。
今年も出来る限り、楽しくBCLしようとしております。

3/26(日)の夜から41mbの7400kHzから31mbの9900kHzに変わりましたKTWR日本語放送。
もうご存知のことでしょうが、日本全国に掛けてあまり良くはなかったんですね。
西日本や沖縄では良い所も多かったんですが、特に関東から東北までは全然NGの所もあり、変更初日から残念な受信状態でした。
当地からの受信状態は混信も無く、平均4で良好でした。

0001

A17シーズン初の番組発信について、KTWR日本語放送からeQSLと共に詳しい説明がありましたので、その一部を紹介しておきます。

3月26日日曜日には、A17シーズン第1回目が「停波等のトラブルもなく無事に送信された」
とグアムから報告がございましたが、多くのエリアでは残念な受信状態でした。
当地でも、最初から最後まで何も聞くことができず、ISが4回ほど流れたことも確認すること
ができませんでした。このような事態は、短波を担当して初めてでした。

しかしながら、九州・沖縄・そして北海道からは、「41mb 7400kHzよりも受信状態が良く
最後まで番組を楽しむことができた」旨のご報告が届いております。
オランダでも、比較的よく聞こえていたとのご報告が届いております。

あるリスナーは、「俗に言う "スキップ" が発生したと思われる」とご指摘下さいました。
当日の当地は、"札幌よりも気温が低い" という異常な天候でしたので、皆様からのご報告を
総合的に判断すると、何らかの伝搬異常が多くのエリアで発生していたと見るのが自然です。
ちなみに、グアムの電力低減や送信エラーはございませんでした。

多くのエリアでは悪いコンディションでしたが、何とか番組ご聴取にご挑戦下さり、本当に
ありがとうございました!
126回番組への受信ご報告ならびにお便りを感謝しつつ、拝受・拝読させていただきました。
受信報告書を確認させていただきましたので、受信確認証 (eQSL) を発行申し上げます。
(今週のeQSL画像には、ちゃっきー撮影による「新しい旅立ち」を使用します。)

当地でも気温が低めの状態が続いており、31mb各局伝搬も思わしくないと感じております。
次回の無事な送信と受信状態を期待しつつも、大自然の大きさ・不思議さをも短波の醍醐味
と受け止めて、流れに任せたいと思わされております。

電波、特に短波って人生のような気がします。
短波の道にも山あり谷あり、BCLerはその流れに合わせてラジオのダイアルを回し続けるのではないでしょうか。

昨夜(4/2)のKTWRは先週よりは聞こえるものの、はっきり「良し」とは言えない所が多かったんですね。
ソウルもノイズが多く、信号も先週よりは良くない状態でした。
一応報告書を送り出しましたが、来週の日曜夜はどうなるでしょうか。

因みに4/9の放送では、私から局へ送って来ましたA17シーズン初の番組録音の一部が紹介される予定です。
来週はもっと良い状態で聞こえることを願っております。

image

ちょっと遅くなりましたが、新年おめでとうございます。
昨年の春、BCL再開から(又休憩の時間もありましたが)およそ1年になるところですね。
今後も韓国と日本のBCLer皆さんと一緒に楽しいBCLライフを過ごせたい思いを込めて、色々お世話になります。
よろしくお願い申し上げます!

さて、今週のKBSチャット会のことですが、1/8(日)には午後17時でなく、夜20時からとなります。
2回だけのチャット会でしたが、常連メンバーの皆さんから17時帯の6.155、7.275MHzの受信状態が良くない(又は曖昧な感じ)だとゆうレポートが多かったのですね。
なので中波の単一周波数の時間帯ですが、短波よりは良かったとおっしって下さいました1170kHzを聞きながらチャットしようとしますね。

img_14-thumbnail2

第3回 「KBS国際放送を聞きながらチャットをしませんか?」
日時:1月8日(日) 20:00〜21:00
会場:BCL Information Net チャットルーム http://bcl.xii.jp/chat/

KBS World Radio
放送時間: 20:00-21:00
周波数:1170KHz

KBSチャット会の後は同じチャットルームでいつものKTWRチャット会も続けますのでご一緒に!

img_1-thumbnail2

第8回 「KTWRを聞きながらチャットしませんか。」
日時:1月8日(日) 21:00〜22:00
会場:BCL Information Net チャットルーム http://bcl.xii.jp/chat/

KTWR日本語放送 フレンドシップラジオ
放送時間: 21:15-21:45
周波数:7400kHz

BCLを再復活してからもう一つの楽しみが増えました。
それは「KTWRを聞きながらチャットをしませんか?」とゆうタイトルのラジオチャット会です。
日本各地のBCLerの皆さんと話し合いながらKTWR日本語放送を聞くことって、ネット時代だからこそ出来るBCLのやり方の一つでは無いでしょうかね^^



これは12月11日のKTWR日本語放送の録音で、音楽は外してアップしました。
ソウルからの受信状態もご参考を。
(TECSUNのPL-450とソニーAN-LP1を使用しました。)

一昨日のチャット会もとても楽しかったです。
特にKTWR終了後もKBSとかHSK9(ラジオ・タイランド)をちょっとづつ聞きながら延長チャットすることも出来、前のチャット会よりも盛り上がる雰囲気だったとも思いますね:)
とうゆうわけで次会のことですが、
img_14-thumbnail2
はい、そうです。
来週の日曜日にはKTWRチャット会の先に「KBS国際放送を聞きながらチャットをしませんか?」を開きます。
ソウルから私がホスト役になって、日曜定番の「今週のキーワード」と「K-POP INDEX」を聞きながら、各地の受信状態や色んなBCL話を交換出来たら幸いです。
チャット場はいつもの通りBCLインフォメーションネットのチャットページからです。
チャット会の日程は、

日時:12月18日(日) 17:00〜18:00
会場:BCL Information Net チャットルーム http://bcl.xii.jp/chat/

因みにKBS World Radio日本語放送の夕方スケジュールは
17:00〜18:00 6155KHz、7275KHzです。

このチャット会のご提案者である「あの(笑) 」せきやまさんとチャット会のイメージ作りやチャット場をご提供下さったSさんには特に感謝しております^^

では18日の夕方、チャット会でお会いしましょう! 

お久しぶりです。
季節も変わり、冬の12月になりました。
BCLerの皆さんはお元気ですか?

4月の書き込みの以来、仕事の忙しさや体調の問題等でBCLをまた休んでもらいました。
短波ラジオから外して、8ヶ月の間に色々変化もありましたね。
IRIB日本語放送は短波の生放送が復旧しましたし、KTWR日本語放送の周波数も変わりましたし、来年の春にはBBC韓国語放送も開始するようになりましたね。
ラジオはいつもの通り暖かい雰囲気であり、BCLerの皆さんも相変わらず熱心でラジオライフを楽しんでおられるんですね。
この雰囲気が好きなんですよ。

またやり始めるBCLですが、休んでいた分を挽回するよう頑張りますね(笑)。
今後とも改めまして宜しくお願い申し上げます。

さて、BCL再復活の第一歩はこのeQSLからですね!
0001
BCL話満載の暖かい雰囲気が大好きなKTWR日本語放送、12月4日の受信報告に対するeQSLです。
7400kHzに変わりました周波数ですが、信号自体は良いものの、周りの中国局さえ無ければ完璧かもなぁと思い気がしますね。

もう4日の放送でも紹介されましたが、最近この番組を聞きながらBCLerさんとも話し合う「KTWRチャット会」が話題ですね。
実は私もこのチャット会に参加しながらKTWRを聞いております。
各地の皆さんからの受信状態交換や番組に関する話をしながらラジオを楽しむことも、ネット時代のBCLの一場面ではないでしょうかね。

もしチャット会に参加しながら番組を聞きたいとゆう考えがある方なら是非会いましょう。

日時:毎週日曜日 21:00〜22:00
会場:BCL Information Net チャットルーム http://bcl.xii.jp/chat/

出来れば「KBSワールドラジオを聞きながらチャットしませんか?」も開けたいですもんね(笑)。
では今夜もチャット会でお会いましょう^^

昨日は国際返信切手券(通称IRC)を買うために動いた一日でした。
BCLを再開してから今は韓国語や日本語放送を中心と聞いておりますが、HCJB及び多数の局での受信報告にはIRCが必要で、これからはドンドン買おうとするものですね。

作朝退勤してからすぐ、郵便局に行って職員さんの前に。

チョルス「あの。。。国際返信券を買いたいですが。。。」
 職員さん「あ、すみません。うちは売ってないんですよ。。。他の郵便局へどうぞ。」

一応家近所の郵便局にはなさそうで、同単位の局は避けて、区単位の郵便局に行こうとする。

チョルス「あの。。。国際返信券を買いたいですが。。。」
 職員さん「あ、すみません。うちは売ってないんですけど。。。」
チョルス「。。。じゃ。。。どこの郵便局で売ってます?!」
職員さん「え、中央郵便局に行って下さいね。」
チョルス「あ、明洞にあるあの中央郵便局ですか?」
職員さん「はい、そうです!」

KakaoTalk_20150908_133255389

「最初訪れた局から言ってくれたら良いじゃん。。。」
と思いながら明洞へ行くことに。

結局、

파일_003

買いました、IRCさん。
1枚1,450ウォンで、日本円とすれば3/29為替基準142円ぐらいですね。
一応10枚買うことにして、おまけに国際郵便用の封筒も10枚。
日本郵政の説明によると、1枚づつ130円分の一般切手に交換出来そうですが、82円切手の2枚同封を求めているHCJB日本語放送へ送る時にはIRC2枚で充分でしょうかね。。。

わざわざ明洞まで行ってきたので、近所の会社で働く年下のいとこに会ってランチタイム。
(実はいとこもBCLerで、彼はFMと中波が主流で、自分は短波がメインで中波もちょっとぐらいやるもんですねw)
彼の働く先のビルは屋上からソウルタワーが見えるので、そこでちょいとBCLも。

파일_002

甲子園中継の続くNHKさんに会いました。
都心の真ん中だといっても、この周波数、はっきりとキャッチ出来ますね!
さすが300kWパワーって凄いなぁーと思う中、ちょっとづつ動画も取りました。



後で探してみると第88回選抜高校野球大会 準々決勝、第2試合「龍谷大平安」対「明石商」の中継でしたね。
韓国はプロしか中継しないのに、日本には未だにも高校野球の人気も凄いなぁと感じましたね。
未来のプロ選手達を発見出来る高校野球だから、最初から応援して成長することまで見てくれる。
だから日本の野球力って強いかもしれないですね。

そういえば自分の受信動画には初登場の受信機、TECSUNのPL-360さんですが、この件に関しては別の書き込みにしますわ^^

知らないけど知りたい、遠い国であっても重要性高い国であろう国であれば、向こうからの国際放送を聞きたくなります。
けど話が通じらないとやはりダメですよね;;;
「韓国語も日本語も良いから短波出てくれよ!」とゆう気持ちになるんですが、今夜のTRT日本語の速報を見てから国際放送があって良かったと感じるところ。

K-20160324-027873
 
ISIL(DAESH / DEASH)へ合流しようとした日本人が逮捕されたことの内容ですが、本場からの速報を分かる言語で直接会う気分ってやはり特別ですよね。
あの速報内容は怖ろしいですけど。。。

ネット時代と言っても国際放送の存在感はこんなに大事ですよね。
特にトルコとイランからの日本語国際放送に感謝。

[参考]
radio_no_koeのブログ:TRT日本語、ISIL(DAESH)へ合流しようとした日本人逮捕を速報

とゆうタイトルなんですけど、実はとても簡単ですよw

ご存じの通り、KTWR日本語放送は毎週日曜日の21時15分から30分間、9975kHzで聴取出来るんですが、私は15分前の21時から始まる9880kHzのAWR韓国語放送を聞いてみるようにしていますね。
AWR‐ASIAの送信所も同じくグアムで、周波数も近いところですから、むこうの番組が良く聞いていたら「今夜のKTWRもFBだなぁ!」と考えますねw
現時点までは予測外れがなかったんで、AWRさんから周波数変更の無い限りにはこうゆう方法もイケるかもしれませんね^^

今夜の予測調査にはDE321さんからご協力させて貰いました!(笑)



値安さんからも良好なので、KTWRもはっきり聞こえるでしょうね。
ではメインの100Sさんから録音開始。
やっぱりS=5でとても綺麗な受信状態でした。
そんな中、今夜は自分からの受信報告の紹介も!
フレンドシップラジオで初出番でしたよね、めでたしめでたしww


*)ソニー制のICF-SW100S、付属アクティブアンテナのAN-100Aで受信、録音したものです。

因みにDE321さんからのKTWRですが、こっちの受信状態もご参考を。



番組の後、KTWR日本語放送のHPから新たな更新があったんですが、A16シーズンにも放送継続とゆう嬉しいお知らせですね!

◇ 放送継続について(2016.3.20更新)

KTWR局からの日本語放送フレンドシップラジオは、A16シーズンの放送を継続することを決定しました。
放送曜日・放送時間・使用周波数・送信出力・番組運営方針・番組内容方針・担当者は、従来通りとなります。
また、運営上の判断により期間途中での番組打ち切りの可能性がある点も、従来通りです。
BCL・ラジオ友だちの皆様からの続いてのご声援を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

A16だけでなく、今後も長続き放送継続されるよう、心からお祈り申し上げますね。
じゃあまた、KTWRさんに受信報告しなくちゃw

いつも短波ベンチになってくてる公園の指定席(?)から9975kHz聞きます!
中学生リスナーだんの卒業をお祝いする歌が流れるところ。
信号はいつもの通りS=5!


今夜もDEGEN DE321さんともご一緒ですけど、内蔵ロッドアンテナでクリアに聞こえますね♪(´ε` )
受信動画は後程!


BCLを始まった時、最初は家の倉庫から探した古い4バンドのアイワーラジオでした。
ミニーコンポーサイズで暖かい音を聞かせてくれたあのラジオ。
短波バンドは範囲の広さのため周波数に合わせることも苦労でしたけど、
2000年の夏、オーストラリアのRAから中継されたオリンピック開幕戦のサウンドはとても感動的でした。

未だにもそうゆう記憶の残りがあったのか、いつの間にか気になっていたこれ。
アナログ形なのにDSPチップを搭載するおかしいラジオ、DEGEN制のDE321です。

파일_000

いつでもどこにも持ちやすいこのサイズ、負担無しの超軽さ。
何よりもアナログ系の美徳である安い値段。
散歩とか山登り用としてもピッタリですね!
Anon-coさんより18.49ドル、しかも無料配送ですよ~

DSP搭載ラジオの特徴といえばその一つがFM受信力ですね。
ローカル局は勿論、ちょっと遠い距離の局さえもしっかりキャッチ出来るんですが、これもどれくらいはやってくれる感じがしますね。安いものだとしても混変調もなく出来る局はよく出ているようです。
もう使っていたPL310も春川とか大田、遠くは全州からの電波もキャッチ出来て、DSP凄いなぁと思ったですが。。。
まぁ自分には93.1MHzのKBSクラシックFMだけよく出てくれれば良いんですけどw
FMさえバンドを分けて64~87、87~108MHzにしたのはマジ変ですね。
日本でもワイドFM用でどうぞ!

玩具用(?)で買った気もあるが、一番気になったのはやっぱり短波ですね。
8バンドで分けていても全面の数字だけみながら周波数探すことは厄介なものですし、DSPと言っても安いものらしく混信いっぱいで中国語独占出演になったら困りますし。。。

ラジオを貰った金曜日の夜、早速公園に行って散歩しながら聞き試しに。
その結果は次の通りです。

受信時間:3/18(金)夜23時30分~00時10分の間
受信環境:DEGEN DE321、内蔵ロッドアンテナ


NHKラジオ日本の韓国語ニュースです。大出力局らしく綺麗な感じですね。


民間対北局の北韓改革放送です。ファイトノイズは気になるんですが、内容は理解出来るように聞こえますね。


民間対北局の国民統一放送です。ファイトノイズと共にちょっと信号弱いのかフェージングもあるが、大分聞き取れますね。


対北宣教局のKTWR韓国語放送です。一応良好ですけど信号が下がっているとファイトノイズ登場ですね。フィルター設計の問題か(と言っても安いから我慢するべきですね。。。笑)


日本政府からの「ふるさとの風」。やっぱり良好な状態です。
これらの状態ならDE321、北韓に補給しても良いレベルのラジオですね。
色んな人権団体とか宗教団体からラジオ補給活動をしていると知られているけど検討して欲しいですね。
普通のアナログラジオより電池も長く使用出来るのもDSPの特徴ですからね!


「ふるさとの風」韓国語版、「日本の風」です。こちらも良好な状態ですね。


RFA韓国語放送です。信号が外れるとっこが二つあるんですね。。。これはちょっとダメージなところ。
隣に強力な局があるとか、ちょっと強いすぎ信号の局を聞く時こんな現象が起こるみたいですけど、これも安いから。。。我慢しますね。もう買ったんですし。。。(笑)

もう書き込みましたが、昨夜の夜勤にも同行させた321さん。
今回は日本語放送を聞きました。



大武OMのインタビュー番組だったHCJB日本語放送。フェージングはありますけど、内容は大分聞き取れますね。



RTI日本語放送。信号良好ですね。
番組の途中ですが、(動画の2分10秒後から)音源が無くなってキャリアだけでたりするところがありますけど、これは送信所からのトラブルなのか気になりますね。。。

両方とも内蔵ロッドアンテナでけの受信。
建物の窓側ですけど、これぐらいなら買った価値はあるなぁと思いますね。
一旦自分が主に聞く局には問題ないですから^^

これで実用的な感じで受信出来ることはある程度確認出来ましたね。あくまで自分基準ですが。
散策用及び通勤ラジオとしても今後活躍が期待される(?)DE321さん、 
度々受信記録しておきますね! 

実はそろそろ誕生日になりますんで、
自分へのお祝いとして新しいラジオを買いました。
それは。。。


もう沢山のBCLerさんによりその性能が証明されたTECSUNのPL-660とAN-LP1のライトバージョンと言われるDEGEN製のループアンテナ、DE31MS、そしてアナログDSPラジオと言う独特な感じのDEGEN DE321、三つです。
水曜日の朝に注文して、金曜の夜Fedexさんから貰いました♪(´ε` )
Anon-coさんからの購入なんですが、送料含めて142.48ドルかかりましたね。


これでうちのBCL家族は4人になりました(笑)
テーブル用のPL-660、
DSPデジタル造作のポータブル、PL-310、
ハンドル用のプロラジ、100S、
そしていつも出掛ける用のDSPアナログ(玩具係?!)、DE321。

31MSさんはAN-LP1と共に受信環境の改善に協力してくれると期待されますね。
まぁ形はちょっと貧乏臭いですけど(笑)

なので今夜、夜勤先に全ての家族出動です!


まずはアンテナ設置から。
31MSさん、見た目はやっぱLP1のIMFバージョンみたいですけどww
実際の使用感は負けない感じですね!
もちろんコントローラーで周波数台の選択出来るLP1と比べて、チューニングダイアルで一々調整するのは面倒ですけど、まぁ聞けば良いと吉本(>_<)


セッティング完了後の姿です。
100Sには専用の外部アンテナのAN100Aを付けて、全てのラジオにはそれぞれのアンテナが付いているようになりました。
コンクリートの中なのでDXは無理な環境ですが、自分は日本語局とか大電力の局聴取スタイルなんで問題無し。
これからは3台それぞれの役割が楽しみですね!
310で録音しながら660でその局を聞きながら100Sで他の局を検索するとかね♪(´ε` )

では321さんは?
うん、一応DSPだからFM用にしますねw



と書きました段階で、
いまも他のラジオ買おうかと悩み中。。。ですね;;;
色々好評のPL-380を買おうか、
それとも一番高いのDSP高級系(?)880を買おうか。。。
受信環境にはあんまり変化ないのに、人間の欲心は終わらないですもんね(>_<)

↑このページのトップヘ